ニュースポップアップ
東電が家庭向けを約29%引上げへ、6月実施目指す

東京電力ホールディングス株式会社と東京電力エナジーパートナー株式会社は、主に家庭向けに供給している規制料金の引上げを経済産業省に申請したと発表した。値上げ率は平均29.31%で、6月からの適用を目指す。標準的な家庭のモデル料金が月額9,126円から1万1,737円に上がると試算しているが、実際の上げ幅は審査を経て決まる。すでに東北電力株式会社など5社も値上げを申請している。

Archive (2019年3月以前の記事)